ログハウスのご紹介

私たちにとってログハウスとは、耐震、長持ち等当たり前の話。
『かっこいいとかわいい』の両方を兼ね備え『快適で飽きがこない』事が大事。そして古くなった時には『ガラクタにならず、アンティークと呼ばれる』。これ以外、それほど重要ではない……と考える。

マシンカット ログハウス

Machine cut log house

どんな景観にも溶け込み
大人の遊び心を刺激する

マシンカットログとはその名の通り、丸太を機械で製材し、壁を組上げ構成したログハウスである。
当社では極寒地フィンランドで厳選されたレッドパイン材を割れにくく加工したラミネート材を推奨している。ハンドカットログと比べ安価であり、メンテナンスが容易である。日本古来の校倉造りである正倉院はこの工法であり1300年の時を経ても堅牢な姿を維持し続けている事で耐久性は立証されている。
特徴として全てが木で構成されるため、湿度の調整がすぐれており年中常に快適な室内環境とも言える。
また最大のメリットはコンクリートなどにくらべて触れた感触が良く、いつも木の温もりを感じれることである。

夢のマイホーム

木は天然の断熱材と言われる程、工業製品とは比べものにならない保温性があります。 冬は-40℃にもなる北欧地域でも住まいに木が使われているように、寒さに対しての威力は立証されています。 太い木は熱伝導率が低いので、夏も外気温の影響を受けにくく、エアコン一台でも驚く程快適なんです。 つまりログハウスは「冬、温かく。夏、涼しい」のです!

?

P&B工法 ログハウス

Post & Beam method log house

どんな設計にも対応できる
ポスト&ビーム工法

ログ材を柱(ポスト)と梁(ビーム)に使用することによって、基本的構造を造り出す新しいタイプのログハウスです。
法律上、在来工法と同じ扱いになるポスト&ビームは、総2階建てが可能なだけでなく、外観や内部のレイアウトの自由度が高いため、多様なスタイルのログハウスを造りだすことができます。丸太小屋のワイルドなイメージと採光性や収納スペースと住み心地のよさを両立させた日本人に最適なログハウスです。

自社ビルダーによる精度の高い加工

ポスト&ビームで使用される丸太の刻みは、全てプロのログビルダーによって行われます。スカーフ部分の微妙なタッチでなだらかな曲線や、細かな箇所もチェーンソーを巧みに操り加工します。カービングされた梁やベランダの持ち出し部もビルダーの凄腕で味わいのあるアートに!